埼玉県・東京都から搬出される産業廃棄物の処理、処分の事なら埼玉産業廃棄物処理センターへ是非お任せ下さい。リサイクルにも力を入れております。

埼玉産業廃棄物処理センター

〒340-0811 埼玉県八潮市二丁目1088-1
回収エリア:東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県・茨城県

7営業時間:月〜土 8:00〜17:30
工場受入時間:8:00〜17:30
定休日:日曜・祝日

お気軽にご連絡ください

048-948-8999

FAX:048-948-8993

産廃.jpg産廃料金3.jpg持ち込み.jpg産廃回収.jpg
マニフェスト・委託契約書

マニフェスト制度

マニフェスト.jpg

マニフェスト制度とは、産業廃棄物の適正な処理を推進する目的で定められた制度。

マニフェスト伝票を用いて廃棄物処理の流れを確認できるようにし、不法投棄などを未然に防ぐためのものである。

『マニフェスト』という呼称は一般的に行政機関などでも普通に使われているが、廃棄物処理法においては『産業廃棄物管理票』(第12条の3)としており、マニフェストという言葉は使われていない。

帳票も一般的には全国産業廃棄物連合会のものがよく使われるが、その帳票の使用が法律で定められているわけでははく、法の定める要件を満たしていれば、独自の帳票をしようすることも可能である。

マニフェストは元来英語で『積荷目録』の意味である。

制度の趣旨と規制

産業廃棄物は、排出事業者の責任において適正に処理しなければならない。(廃棄物処理法第3条)しかし、ルールに従って行えば、産業廃棄物処理業の許可を持つ処理業者に処理を委託することができる。この場合、排出事業者は、その産業廃棄物が適正に処理されたことを、最後まで確認する必要がある。(法第12条第5項)

そこで法は、排出事業者にマニフェスト伝票の発行・回収・照合を義務付けるマニフェスト制度を定め、排出事業者が適正処理完了を確認する具体的な方法を明確にしている。

伝票がきちんと回収されないと、このマニフェスト制度は機能しないため、法定期間内に回収できなかった排出事業者は届出をしなければならない。これに違反すると排出事業者には罰則もある。

さらに法は、排出事業者および処理業者に、マニフェスト伝票の5年間の保存を義務付けている。この処理の記録が残ることにより、不法投棄などがあった場合には、処理ルートを解明する重要な手がかりとなる。

また、このマニフェスト制度は、排出事業者が自身の産業廃棄物の適正処理完了を確認するためのものであると同時に、政府当局などが産業廃棄物の量や種類、処理ルートなどを把握するという意味合いもあると言われる。

排出事業者の義務

マニフェスト制度には排出事業者が守らなければならない義務がいくつかあります。
この義務に違反した場合、罰則が適用されます。

委託基準を満たす義務

排出事業者が産業廃棄物の処理を業者に委託する場合は、満たされなければならない委託基準がいくつかあります。

  • 委託する業者とは直接、書面で契約を結ぶこと
  • 委託する業者は都道府県知事等の許可を受けていること
  • 委託する内容が業者の許可内容とあっていること
  • 業者が処理基準を満たしていること 等

マニフェストの交付義務

排出事業者が産業廃棄物の処理を業者に委託する場合は、マニフェストを交付する事が義務づけられています。

  • マニフェストは産業廃棄物を処理業者に引き渡すときに交付します
  • マニフェストは産業廃棄物の種類ごと行き先ごとに交付します

マニフェストの保存義務

排出事業者はA票、B2票、D票、E票を、収集運搬業者はB1票、C2票を、処分業者はC1票をそれぞれ5年間保存する義務があります。

マニフェストの確認義務

排出事業者は処理業者から返送されてくるマニフェストで、産業廃棄物が正しく処理されているか確認する義務があります。

マニフェストが決められた期日内に返送されてこない場合は、委託した廃棄物の状況を把握し、適切な措置を講じ、都道府県知事等に報告しなければなりません。決められた期日とは、B2票、D票がマニフェスト交付日より90日以内、E票が180日以内です。

排出事業者がマニフェストにかかわる義務に違反した場合は『 マニフェスト確認義務違反 』 以外は罰則の適用を受けます。

また、委託業者が不適正処理を行った場合は、排出事業者も委託業者とともに現状復帰など措置命令の対象になります。(委託業者が違反行為に対する都道府県知事の勧告に従わなかった場合は、公表→命令措置→罰則の対象となります)

排出事業者の行為 及び 罰則
  • 委託基準違反(委託基準に違反した場合)
    5年以下の懲役もしくは、1,000万円以下の罰金又はこの併科

  • マニフェスト不交付(マニフェストを交付しない場合)
    6ケ月以下の懲役又は、50万円以下の罰金

  • マニフェスト未記載(マニフェストに必要事項を記載しない場合)
    6ケ月以下の懲役又は、50万円以下の罰金

  • マニフェスト虚偽記載(マニフェストに虚偽の記載をした場合)
    6ケ月以下の懲役又は、50万円以下の罰金

  • マニフェスト保存義務違反(マニフェストの保存義務を違反した場合)
    6ケ月以下の懲役又は、50万円以下の罰金

  • マニフェスト確認義務違反(マニフェストの確認義務を違反した場合)

措置命令:生活環境を保全する上での支障を生じた場合、またはその恐れがある場合に支障の除去や発生を防止する命令(原状回復などの命令)です。なお、「マニフェスト確認義務違反」には罰則はありませんが、他の義務違反と同様に措置命令の対象になります。

産業廃棄物処理を委託するには、廃棄物処理を委託する前に委託契約書を結ばなければなりません

産業廃棄物処理を委託する場合、排出事業者は収集運搬業者と処分業者それぞれと直接、書面で委託契約を結ばなければなりません。委託契約書は、契約終了日から5年間、保存することが義務づけられています。

  • 中間処理のある場合:収集運搬業者と中間処理業者、それぞれと直接、書面で委託契約を結びます。
  • 中間処理のない場合:収集運搬業者と最終処分業者、それぞれと直接、書面で委託契約を結びます。
委託契約にあたって確認すること

処理業者と委託契約を結ぶにあたっては、相手の業者が都道府県知事等の許可を受けているかどうか、委託する産業廃棄物の

取り扱いが許可を受けている範囲かどうか、処理基準を満たしているかどうかなどを確認する必要があります。

これからは委託する業者の 『 産業廃棄物処理業許可書 』 で確認できます。

取り扱うことが出来ない廃棄物の処理を委託したり、処理能力が不十分な業者に委託すると罰則(委託基準違反)を受けます。

  • 都道府県知事の許可を受けていること
  • 委託する内容が許可内容とあっていること
  • 処理基準を満たしていること
委託契約にあたって注意すること

委託契約書には許可証の添付が必要です

排出事業者が収集運搬業者や処分業者と委託契約を結ぶ場合、委託契約書に 『 産業廃棄物処理業許可証 』 の写しを添付する事が義務付けられています。

委託契約書には最終処分にかかわる項目を記載します

処分業者との委託契約書には契約の段階においても、排出事業者が最終処分の場所を予め把握できるように、契約書に下記の項目を記載することが義務付けられています。

  • 最終処分を行う場所の所在地
  • 最終処分の方法
  • 最終処分を行う施設の処理能力

82-1.jpg

85-480.jpg

産業廃棄物委託契約書ダウンロード版(pdf)

回収要望書

産業廃棄物現場等回収依頼書ダンロード版(Excel)

※TEL・メールにても受付しております

お問合せ・ご相談はこちら

産業廃棄物運搬処分、廃棄物の持ち込み、内装解体工事などについて、わからない点やご相談などございましたら、お電話もしくはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

お気軽にご相談ください

  • 少量の廃棄物を引き取ってくれますか?
  • 産廃を自分で持ち込みしたいのですが? 
  • 解体から処分まで出来る業者を
    探しているのですが?
  • 比較的新しい家電や家具の買取業者を
    探しているのですが?

このようなお悩み相談でも結構です。
あなたさまからのお問合せをお待ちしております。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

営業時間:月~土 8:00〜17:30(定休日:日曜・祝日)
工場受入時間:月~土 8:00〜17:30 (定休日:日曜・祝日)

担当:関口

※TEL・メールにても受付しております。

中間処理品目追加しました

木くず

破砕

チップ燃料

がれき

破砕

再生砕石原料

廃棄物再生工程

弊社産業廃棄物処理センター(晴栄運送(有)八潮リサイクル工場) にての産業廃棄物処理工程のご紹介動画です。
ご覧下さい。

ご予約状況 (現場回収)

成30年10-11月
28293031123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

混雑・・・・・              
要予約・・・・              
終了・・・・・              

会社概要

埼玉産業廃棄物処理センター運営許可取得会社 晴栄運送(有)

048-948-8999

090-9952-9969

048-948-8993

info@5383.co.jp

営業時間:8:00〜17:30
工場受入時間:8:00〜17:30定休日:日曜・祝日

〒340-0811
埼玉県八潮市二丁目1088-1

回収エリア

東京都・埼玉県・千葉県・
神奈川県・茨城県

会社概要はこちら

アクセスマップはこちら

プロフィール

埼玉県八潮市で産業廃棄物収集運搬・処理・処分・廃棄物管理を行っております。お客様による持ち込みも歓迎いたします。廃棄物のことでお困りの方は是非お問合せください。

晴栄運送 (有) 代表取締役

廃棄物のご相談は
何なりとご質問下さい

産廃処理部隊一同

各種廃棄物お持込み
お待ちしております

工場長の鈴木です

各官庁入札資格取得済み

東京都23区及び各官庁並びに、埼玉県の入札参加資格取得済み企業です。

クレジットカード

各種クレジットカード対応

エコアクション21

エコアクション21認証
取得しました

fun to shareを宣言

環境省は、低炭素社会の実現に向けて、『みんなで低炭素社会を作ろう』と呼びかけています。晴栄運送㈲は『環境経営で、低炭素社会へ!』を宣言し『fun to share宣言』に賛同しています。